MANA-DOT

PIXEL ART, PROGRAMING, ETC.

Node.js8になって util.promisify が利用できるようになったのでメモ

先日Node.js8 がリリースされました (参考) 。 追加機能の中に util.promisify というものがあります。これは、すでに bluebirdes6-promisify といったパッケージで提供されていた、 コールバック関数を伴う非同期関数を、Promiseを返す関数化するユーティリティ関数ですが、今回のリリースでNode本体に含まれるようになったようです。

続きを読む

Slackのstatusをtaskerを使って自分の居場所によって自動変更する

slack status

先日、slackで 名前の横に自分のステータスを表示する機能 がリリースされました。 これはDMを送ろうとしたときの入力欄などにも表示されるため、適切に設定すれば「まだ出社してないのにメンション飛ばされた」「有給休暇中なのにDM送られた」みたいな気まずい悲劇を回避するのに役立ちそうです。

slack status

ただ、有給休暇などの特別なイベントならともかく、毎日出社時・退社時にslackのstatusをマメに変更するのは少々面倒です。そこで、Androidアプリの Tasker を使い、Android端末の位置情報から自動でslackのstatusを更新できるようにしてみました。

続きを読む

Hubotでasync functionを使う

Hubotでasync functionを使う

最近(と言っても一ヶ月前ですが・・・)node7.6.0がリリースされ--harmony-async-await をつけなくても async/await が利用可能となりました。 これにより、非同期処理を行うスクリプティングがより行いやすくなった(スクリプティング以上の用途ならばどうせ babel を使うためそこまで影響はない)と感じています。

hubotなどのbotプログラミングも 定常タスクを楽にするためのスクリプティングの一種であり、用途上連携サービスのAPIをたくさん叩くため、 恩寵を存分に得ることができます。この記事ではhubotで async/await を使う例を紹介します。

続きを読む

すべてのリポジトリでGithubのpull requestをfetchする設定

すべてのリポジトリでgithubのpull requestをfetchする設定

githubのプルリクエストのコミットをローカルにfetchする方法はよく知らてていますが (知らない人は是非設定をオススメします。特にコードレビューでレビュー相手がfork先からプルリクエストを出している場合でも対象コミットを取得できるため便利です)、 この方法はリポジトリごとに毎回設定する必要があり多少面倒です。

そこでこの設定を、

git config --global --add remote.origin.fetch '+refs/pull/*:refs/remotes/pr/*'`

としてグローバルに設定してみたところ、普通に動きすべてのローカルリポジトリでプルリクエストをfetchしてくれるようになりました。

便利です。

気になること

remoteの設定をglobalに記述するのはあまり聞いたことがなく若干の不安はあります。 この状態でリポジトリremote.origin.fetch の値を取ると、

>> git config --get-all remote.origin.fetch
+refs/pull/*:refs/remotes/pr/*
+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*

となっており、リポジトリのconfigに記述した時と同じになっているため、問題ないのかな?とは思います。 今のところはGithub以外のリポジトリへのfetchも問題なく快適です。

もし詳しい方がいれば、補足していただけると助かります。

参考リンク

文字列置換により20行程度で実装する倉庫番ゲームのミニマム実装

文字列置換により20行程度で実装する倉庫番ゲームのミニマム実装

先日、Slack上でインタラクティブに倉庫番を遊べるhubot-slack-soukobanを作ったにてSlack上で遊べる倉庫番の紹介を行いました。 このhubotスクリプトでは文字列置換による実装を駆使して倉庫番のゲームロジック部分が20行程度で実装されており、今回はその実装について解説をします。

※このエントリは倉庫番というゲームのルールを知っている前提で書かれていますので、予めご了承ください。

続きを読む